奈良先端科学技術大学院大学 (NAIST) 知能コミュニケーション研究室

知能コミュニケーション研究室(中村研究室)は、SRG(Super Research Group)として2011年4月にスタートした研究室です!
NEWS! 中村哲教授がIEEEフェローに選ばれました!

人のコミュ二ケーション能力を強化することを目指し、知能コミュニケーション研究室(中村研究室)では、人と人、人とコンピュータのコミュニケーションを支援する多様な技術の教育・研究を進めます。具体的には、多言語音声通訳、音声対話システム、コミュニケーションQoL改善技術、サイレントインタフェース、利用者に適応した超音声認識/音声合成、コミュニケーションに関わる脳活動計測・解析・応用の研究を行っています。研究においては、理論的な側面だけではなく、技術の実現性を重視しており、プロトタイプシステム、ネットワーク型のサービスシステムなどの実装から評価まで行います。
2014年度より、超大規模データ処理を目標としたNAISTビッグデータプロジェクトを始動しました。

自動ソーシャルスキルトレーナ

  • 研究室で開発した自動ソーシャルスキルトレーナーの紹介ムービー

CHRONUS

  • 研究室で開発した同時自動音声通訳システムであるChronusの紹介ムービー

受験生の皆様へ

  • 研究室パンフレット
    PDFファイル
  • 本学広報誌「せんたん(2012年9月号)」にて、当研究室が紹介されました。
    PDFファイル
詳しくはこちら ->>

最新情報


新ツールの公開

IWSLT 2015
  • 日時: 12月3日-4日
    場所: Da Nang, Vietnam
    Michael Heck (D1), Quoc Truong Do (D1), 森下睦 (M1)が発表を行いました。
情報処理学会 第224回自然言語処理研究会(SIG-NL)

Links